お気に入りな一冊

昨夜から探してますが、どこやったのか…^^;


好きで持ち歩いて、どこかのバックに入ってるのかなぁ


展示用に置こうと思ってるんだけど…


辻 仁成 さんの本でして

嫉妬の香り です


アロマの勉強を始める前に読んでいて、その時にはまだ香りの力にあまり興味なかったけど

勉強しはじめて、面白いなぁと思いはじめたころ、改めて読みなおしたら


世界にはまってしまいました^^;


恋愛ものの本ですが、香りの持つ力が簡単に理解できるし、彼の描く大人の不器用さがいいかと…



今夜、また探してみようっと☆